Phioの徒然草

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDR-MV1にモフモフ(WS-11)付けてみた

小金が入ったので、前々から欲しかったSONY HDR-MV1を購入しました。
IMG_0090.jpg
以前から楽器演奏の練習風景とか、本番の音を撮るのに、コレしかないと思っていたんですけど、発売後既に5年経過ですけど、未だ新型が出ないのに、販売店の人曰く「定期的(月一程度)に売れている」ロングセラーというか、コレしかないというか、唯一無二な製品です。

あちこちのブログを見ていると、高性能マイクロフォンのおかげで「エアコンの動作音すら拾う」、「風の音が入り込む」らしく、ウィンドジャマーの自作や、流用されている話をよく目に付きます。
私も皆様に迎合して5,000円からオープン価格になって激安になったTASCAM ウィンドスクリーン DRシリーズ用 WS-11を購入しました。
IMG_0092.jpg
何?このモフモフはw
IMG_0093_20170506135948b21.jpg
裏はこんな感じ

で、装着した画像がこちら・・・
IMG_0094.jpg
絶対におかしいw

何より、
IMG_0095.jpg
モフモフがフレーム内に入りまくりw

コレはいけません。
先人たちのブログを読むと「トリミングする」とあります。
が、同じ方法では芸がないですね。
ということで、

その一
IMG_0096.jpg
いらなくなったプリペイドカードを切って
IMG_0097.jpg
モフモフの下に挟み込みます。

その2
IMG_0099.jpg
ダイソーで買った容器を・・・

IMG_0100.jpg
とりあえず輪切りにしてみました。

IMG_0101.jpg
まずはレンズ側に巻き付けるようにしてみたところ・・・毛の処理をしないと映り込みます。

IMG_0102.jpg
発想の転換で、もふもふ側に巻き付けて見たところ、毛の処理は上手くいきました。
しかしながらマイクの左右にプラ板というのは音声に難が出そうなので、中抜きをして音声を拾いやすくしたのがこの形態。

IMG_0104.jpg
本体に何の加工もせずに、ハミ毛処理もバッチリ決まりました。
私はこれで行こうと思います。

流石餅は餅屋(なんせ名前が「液晶保護フィルムセンター」ですから)ですな。
少々お高いですけどサイズドンピシャな液晶保護シート。
傷が怖いんで速攻で購入しました。
関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。