Phioの徒然草

ARTICLE PAGE

そうだ!京都に行こう

 ウルトラジャンプ2013年3月号を読んでいたら・・・
terada_katsuya_pst1.jpg
寺田克也ココ10年展!
 そら行かないかんでしょ。

 と言うわけで、丁度2連休だったので

そうだ京都に行こう!

 つわけで ヘタレなんでジャンボフェリーにヴェルシスを乗せました。
13032101.jpg
 早朝1時は眠いは寒いは・・・。

13032102.jpg  
 到着~♪
 絨毯部屋だったんですが外に出る馬鹿が絶えず、寒くて寒くて死にそうでしたw

 とはいうもの、あまりに早い時間なので暇つぶしをしないと・・・
 というわけで
13032103.jpg
 京都駅を過ぎて・・・

13032104.jpg
 ここ!って判るか!ですよね(唐門ですけど、工事中でした)。

13032106.jpg
 ベタだけど二条城。
 修学旅行コースと侮るなかれ。ン十年ぶりなんで全然覚えていません。
 徳川将軍様が京都に滞在される時の居城です。
 こちらは裏門。今で言うところの車(当時は牛車)を横付けするところです。

13032105.jpg
 中は撮影禁止です。鶯張りの廊下が喧しい&冷たいw
 丁度こんな感じで庭園を眺めていたみたいです。

 時間も良い感じになったので、会場の京都国際マンガミュージアムに行きましょうか。



 
13032107.jpg
 バン!
 エントランスです。
 というか、ちっちゃすぎて判りませんでしたw

 というのも、この会場
13032115.jpg
 全面ガラス張りの建物もあるにはあるんですけど、実は「元小学校!」

13032113.jpg
 ね、この建物はそれっぽいでしょ。
 校舎をガラスの廊下で繋いだ構造です。

 因みに入場料は800円

 そこのあなた!「高い」と思うかもしれません。
 でも。ちょっとまって。
 私も、入場に受付の方唐の説明で、「当日夕方18時までは再入場出来ます」
 この意味が、中に入るまでは判りませんでした。
 ウェブサイトも、 「館内資料30万点の内、25万点は閉架しているものの、希望者には閲覧するシステム」とあり、「めんどくさそうなシステムやなぁ」と、思っていました。
 が、館内に入ったら、「安っっ!」と思いました。
 
 壁一面、全てコミック!

 マンガ喫茶数件分の蔵書がそこいら中の壁に陳列しています。
 それを読みあさっている老(は、あまりいないかw)若男女の群れ!

 そら、年券(6,000円)があるはずですわ。
 私、もし県内に同じ施設があったら年券買っていますわw

 で、メインの寺田克也ココ10年展。
 襖に額装された(ん?何か違うなw)煌びやかな作品群が所狭しと立てかけられています。
 一つだけ撮影許可が出ていたのが
13032108.jpg
 猫とドラゴン。
 昨年東京で開催された「ネコとドラゴン展」での作品です。
 これを襖絵として見せられるとは!いや、マジでイイです。

 他にも数十枚の襖絵と、最近終了した「ガソリン式生活」の肉筆原稿や、黒い壁に直筆で書いたイラスト等。
 えー、説明するのがめんどくさいので、これを見てください。

 私も買いました。 
 
13032116.jpg
 お腹が空いたので、昼食に。
 ミュージアム内にレストランが出来ているので利用しましょうか。
 その名も「えむえむ」
 早速入ってみましょうかね。

 冠メニューのエムエムランチを注文したんですけど、店内を見ると・・・

 
おお!



 
 「インターネット上に載せないでくださいね♪」と、ウエートレスのお姉様にキツく言われたので画像は載せませんが、キラ星のような漫画家先生のサインが壁一面に所狭しと!

 モザイク加工してうpしましょうかね(いい・・・ですよね?著作権怖いんでおそるおそる)
13032111.jpg13032112.jpg 
 はい、見えませんよね?これならイイですよね?(誰に言っているやらw)
 見たい人はこちらで見てください。
 バイク置き場がありますので、ライダーにも優しいミュージアムです。

 因みにえむえむランチはこちら!
13032109.jpg
 まあ、こんなもんでしょw
 今から思えば寺田克也カツカレーなるものがありまして。
 値段は900円以上しますけど、そのカレーに付いている(というか皿に敷いている)ランチョンマットが寺田克也イラスト付き!
 こっちにすれば良かったゲホゴホガハ・・・w
 で、まだ時間が1時。今から2時のジャンボは間に合わない。次便は午後8時。
 どこかに行きますかw

 ということでやって来たのは

13032137.jpg
 清水寺!
 ・・・いや、ベタですけど「小学校の」修学旅行以来ですので、ン十年ぶりです。
 駐車場が一杯でしたが、バイクなので楽々(200円也)
13032138.jpg
 とても平日とは思えない人混みでして、
 しかも、会話がそこいら中ハングルと中国語w
 「お前ら日本嫌いじゃ無いのか?」と、小一時間問い詰めたい程。

 特に着物を着ているのはほぼ全員外国人w
 韓国人はほぼ全員がサムソンのスマフォ(ギャラクシー?)を持っていて、それもほぼ全員がiPadでよく付けているようなブックタイプのカバー付き・・・。
 日本人はギャラクシーでもTPU素材のカバーが殆どなので、判別がすぐつきます。
 あちらの国ではあれが流行っているんだろうか?
 なかにはギャラタブで撮影している人も居ましたね。
 でもカメラはキャノンが多く、殆ど全員日本製。サムソン(最近はデジイチまである!)使ってあげようよ・・・。

13032120.jpg
 で、これが「清水の舞台」の舞台の所。
 人だらけw

13032121.jpg
 いや、飛び降りられないってw

13032129.jpg
 こうしてみたら、やっぱものすごい作りですね。行ってみたもんです。

13032136.jpg
 庭園も丁度桜が綺麗でした。

13032131_20130323205743.jpg
 有名な音羽の滝。
 水自体が怪しいのと、200人くらい待っていたのと、500円いるとの話なのでパスw
 見物していた学生さんが「水行列!」と行っていたのが耳に残っています。

13032141.jpg  
 兎に角ごった返しています。
 気になったのが・・・

13032139.jpg
 キュウリ!
 一夜漬けで200円也

13032140.jpg
 キュウリ一夜漬けに割り箸突っ込んで200円とな!
 おいしかったけど、本当に名物なのか?3軒位しか売っていなかったけど・・・。
 
 と、うろうろしていたら・・・「駐車場は何処だぁ?」w

13032142.jpg
 iPhone様々やぁ♪
 かなり歩きましたけど何か?

13032148.jpg
 で、遊び疲れたら神戸に帰りましょ。
13032143.jpg
 同居人を置いて遊びに行ったせいか(?)、夕方から雨w

13032149.jpg
 乗船置き場にてこんなパンフがががが!!!

 超大河原邦男展ん~!?
 しかも、「3/24(翌日)からぁあ!!」

 バチ当たったぁあ!w
 翌日に行けば良かった・・・

 出港が大幅に遅れたのもあり、高松港に付いたのは1時30分を過ぎていました。
 で、懲りずに寝台で寝ていたら、やはり外に出る馬鹿が絶えず、寒さのあまり2階にある洋室に逃げ込みました。
 おかげで2時間くらいしか寝ていません。
 今(3/23 21:30位)「愉快な気分」でこのブログを書き込んでいますw
13032144.jpg
 やしま第一健康ランドにてお風呂につかり、疲れを取りました。
13032150.jpg
 駐輪場にはバイクだらけw
13032154.jpg
 2050円で泊まれるので、ツーリング時には便利ですね。
 私は帰らないと怖いので(えーw)、2時間840円の休憩コースで。
 いろいろな風呂がありますので、元取った気がします。

 疲れたけど、おもろかったです。
 
 久しぶりに近畿の道を走って感じたこと

 香川並みに荒い。しかも原二が怖い。R2走行中に京都市内で当て逃げされましたw
 信号無視・・・というか、赤信号から3台は突っ込んできます。
 しかし、ウインカーは(運転の割りに)キチンとだします。
 そら、香川はウインカーを出さない分だけ危ないw
 県外ナンバーに対しては厳しい対応をしてきます。
 抜いて香川ナンバーだと判ると抜き返してきます
 何この仕打ちw
 おかげで、はじめはネコかぶって安全運転していましたが、あまりの暴虐ぶりにキレていつも(それも20代)の走り方をしたらは、交通の流れに乗れました(えー)。

13032155.jpg
 今回非常に役立ったiPhone5とMapFan+(ナビソフト)。
 袋なので雨にも強く、落下の恐れも(あまり)なく、給電しながら最後まで役立ってくれました。
 オフライン地図を買わなければ無料で使えますが、一応課金してオフライン地図を購入しています。

 いや、深夜1時から翌日の深夜1時までだけに、寝不足ががががw
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

Phio

Re: No title

ざっつさん:
いえいえ。
走行距離300キロ足らずですから

2013-04-14 (Sun) 06:38 | EDIT | REPLY |   

ざっつ

No title

冒険家ですなw

2013-04-13 (Sat) 18:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply