FC2ブログ

Phioの徒然草

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GANTZ PERFECT ANSWER

 公式サイトはこちら
 原作ファンも納得の作品ですが、漫画読まない人でも、前作未見の人も大丈夫!先月放送したアナザーGANTZを見ていれば完璧!
 それも見ていない人は、このトレーラーを見て予習したら劇場にダッシュだー!


 いや、冗談抜きでこのトレーラーはかなりのミスリードを誘っていて好感が持てます。
 20世紀少年で味を占めたか!日テレw

 第1作から5ヵ月後。
 星人との戦いに明け暮れる玄野らのガンツチーム。
 目的は死んでいった仲間を生き返らせて、そしてガンツから解放される事。
 そんな時、死んだはずの加藤が彼らの目の前に現れる。
 @は劇場で。

 原作がとても終わりそうにない状態なだけに、よく2時間で決着を付けたの「だけ」は良いと思う。

 製作側が「地下鉄に拘っている」作品だけあってか、今回の地下鉄での一連のシークエンスはめちゃ面白かったです。

 特にセーラー服を着た女子高生同士のチャンバラはイイです。
 まぁ、

 BLOODかなりはいっていましたけど・・・


 個人的には元作品のこっちを思い出しましたね。

 このとき、
2011050102.jpg
 最近ロン毛の細面イケメンだと必ず出てくる綾野剛と、二宮演ずる玄野とのバトルも良かったです。

 が・・・

 仕事帰りにおんにゃの子(だけでないのが辛い所w)のコロンの匂いでむせ返る劇場から帰って早々、MHFを休んでまで書きたくなったネタばれ感想はこのあとすぐ!

 ココよりネタばれします。
 まず私の場合、原作は一通り読んでいる、ジャニタレには嫌悪感を持たない、日本の特撮は金(と圧倒的な経験値)が無いので少々の粗は目を瞑る・・・という、かなり擁護のバイアスが掛かった状態です。

 それでも・・・それでも・・・

渡邊雄介&佐藤信介!映画なめとんか!

 ゼイゼイゼイ・・・。


 まず、山田孝之演ずる「なぞの男(笑)」重田正光。
2011050103.jpg
 黒服星人と対等に取引はする。隠れ家に忍び込んでもバレナイ。
 どこからか取り出した拳銃で黒服星人を一発で倒す。
2011050108.jpg
 一斉射撃しても誰一人傷つかない凄腕SAT(?)を電話一本で1個中隊くらい呼んでこれる顔の広さ&権限。
 こんだけ思わせぶりなキャラクター。原作の橿原大樹以上にすげーぜ。

ところが!

 ラストでは入院していて、ほほんと同僚の報告を聞いている。
 しかも事件は無かったこと(行方不明はいなかった)になっているので、劇中に何の為に出てきて、何をしたのかわからないという、

「物語中いてもいなくてもイイ人間筆頭」
と思える必然性の無い役。

 こいつに割いた尺を他のシーンに使えば、この作品もかなりましになるかもしれない。
山田さん・・・MWといい、日テレがらみの仕事は気をつけて選ぼうよ。
(除:太平洋の奇跡)

・・・次点は
2011050101.jpg
 アナザガンツの加藤晴彦演ずる件の橿原大樹・・・。こちらは原作と違い、あまりの扱いに泣きそう。

 吸血鬼を黒服星人(千手とその仲間)に改変したのは、話の筋がシンプルになるのでイイと思う。
 が、そうなるとねぎ星人とか田中星人は何なんでしょ?
 今作を見ていると、ガンツの目的は「黒服星人(というか千手グループ)との泥試合がメイン。他の星人はついで」としか思えないので、スケールがちっちゃくなった気もする。

 物語り上たえちゃんを標的にするのはイイと思う。というか、「電池切れ」寸前のガンツからすると、「代わりに電池になってくれそう」なのは玄野かギゼンシャ星人の加藤(-歩)くらいでしょうし、動機付けにもいいと思った。
 小玉ガンツを使って和泉君が新宿大虐殺をするシーンは無かったですが、この後に電車内での大虐殺があるので、今回みたいにピンポイントで殺人のほうがいいと思う。
 
 いくら千手(偽加藤)が玄野に絶望を与えるために手を抜いていたとしても、西君を一太刀で斃したのに、
2011050104.jpg
 たえちゃんは3回切られても中々死なないというのはどうなん?
 むしろおっちゃんとフリーターが身を挺して守ったが最後には切られる・・・。こうしたほうが一度は銃口を向けたおっちゃんが身を挺して助けるというべたな感動も取れたのに。

 たえちゃんはもっと顔が不細工でないとという書き込みをブログや2ちゃんなんかで良く見ますが、リアルブスをだしたらあかんというのは、
2011050106.jpg
 アナザガンツの西君に無理やり告らされるクラスメイトを見たら納得するかと。

 不思議ちゃんというか、森ガールというか、リアルでは「あの手の子」って意外と可愛いんですよ(よね?)。

 その西君。
 彼だけは手放しで最高です。
2011050107.jpg
 アナザガンツでの罰ゲーム告白から、スーツを着ての強がりのシークエンスは最高でしたが、劇場版は死ぬまではお笑い担当。

 生き返るなり「だっせぇ・・・」。照れ隠しですなw
 卒業組みからは「あんたまだやっていたんだ」2年も卒業できない。で、多分「又」死んでいた。
 そら、卒業組みは馬鹿にするわな。
 たえちゃんを延々とストーキングしていて、これ以上ない絶好の機会に「もらったぁ!」と叫びながら飛び掛る「直前に」千手に瞬殺。
 千手も変化する相手を選ぼうよ・・・。

 いや、笑かせてもらいましたわw

 彼・・・多分前にも生き返らせて貰っているな。卒業生4人のうちの誰かに。
 で、ヘタレの西だったのが、みんなが卒業したんで急遽偉そうになったときに、丁度玄野たちが転送。

 その4人の卒業生も、
2011050105.jpg
 西も含めて仮面ライダーの「再生怪人」を思い出すザコぶり。
 物陰に隠れているだけなのに、近くにいても気が付かないって、あんたらよく本当に卒業できたなw
 特に「電車の中の活躍は何」?の真子の劣化振りには、おじさん涙が出そうになりました。

 で、結局玄野が選択肢がこれしかない状態で選ばされた「ガンツの中の人」。
 その後は案の定な全員復活。
 星人の謎も、ガンツの謎も、伏線までみ~んな忘れて新しい生活を送っています。
 でもね。それが「くろの まんてん」って、いきなり脈絡も無いガンツのボーナス得点でって・・・。
 千手がラスボス(最後の星人)?違うでしょ。ラスボス倒したんならもうガンツいらんということにならん?
 若しくは(玉男ではなく)ガンツ本体が新しい「敵」を想定するの?

 でもまあ、「その後の彼らの生活シーン」が流れるのはイイです。
 歩君を抱きしめる加藤を見ていると、「ショタ」という単語が頭の中を駆け巡りましたが気のせいですねそうですねw
 最後は多恵ちゃんを延々と電脳ストーカーしていく玄野くん。
 なんせ回想シーンに出演している面子は全員ガンツで生き返らした面子なので、何をやってもガンツ(玄野)の思うがまま。



 「きさまらのいのちはなくなりましたこれからおれのry」とか言いながら、そのうち寂しくなった玄野が呼び出しそう(≒続編)で怖い。
関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。