Phioの徒然草

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルでも出来る動画教室 その3 ムービーメーカーで動画を作ろう

 編集前にウィンドウズムービーメーカー(以降WMM)に細工をします。
 あちこちのサイトに書かれていますけど、一応おさらいとまとめという意味で。
 まずここにいってWindows Media エンコーダをダウンロードし、インストールします。
 インストールしたら、スタート>プログラム>Windows Media>ユーティリティ>Windows Media プロファイルエディタを開きます。
mediaprog.jpg

 設定は:「名前」は無圧縮AVIとかで、説明も後で分かりやすい様に640*480とかいう風に解像度を書き込みます。
「メディアの種類」は
オーディオ:モードCBR・コーデックなし(PCM)、
ビデオ:モードCBR・コーデックなし全フレーム(非圧縮)で。
pro01.jpg
 対象ビットレートの追加を選び、追加ボタンを押します。
 オーディオ:1411Kbps、44kHz、ステレオ
 ビデオサイズ:640×480
 フレームレート:15fps(ここは私のオリジナル点。いわゆる「2コマ撮り」でも意外とカクつきません)
 ビットレートは無視してください。
pro02.jpg
 ここで保存して終了を選びます。

 
 pro03.jpg
 保存先は"C:\Program Files\Movie Maker内の

  pro04.jpg
 \Shared\Profilesに。名前は半角小文字英数で適当に。

 これでWMMで無圧縮AVIが出力できるようになりました。

 後、WMMで動画を作る人は殆ど入れている「おまじない」を入れておいてもいいかと思います。
 やりかたは以下の通り(自己責任で!失敗しても責任は一切取りません!)。
1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスに「regedit.exe」と入力し、[OK] をクリックします。
3. レジストリ エディタが開いたら、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\MM20 まで移動します。
4. レジストリ キーとその値が表示されている右側の画面内をクリックします。
5. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
6. レジストリ キー名に「DynamicSourcesforPreview」と入力し、値として「0」を入力します。
7. レジストリ エディタを閉じ、Windows ムービー メーカーを再起動します。
これで、タイムライン上で再生インジケータをドラッグしたときに Windows ムービー メーカーが応答しなくなることはありません。
重要 この変更によって Windows ムービー メーカーのパフォーマンスが低下することがあります。


 バンバン動画を入れて、ガシガシ編集しましょう。
この部分は個人のセンスの問題ですので、ご自分で頑張りましょう。

 できた動画を先ほど作った設定で出力します。
pro05.jpg
 
次はエンコードの説明です。
その2に戻る                      その4に進む
関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。